エブリーネットのブログ

「エブリーネットのホームページ」のブログです。内容は自販機に小ネタと様々。

ボロPCよ、甦れ!puppylinuxインストール編

こんにちは、英語版ヨドバシカメラの歌が耳から離れないpiyoです。


ヨドバシカメラ 英語版 1986

これは別に関係ありませんが、低スペックパソコンにpuppylinux(パピーリナックス Precise-571JP(日本語版))をインストールしてみたのでご紹介します。

 

f:id:makochan1975:20160520162310j:plain

中学生ですし、僕はまともな自分のパソコンを持っていないんですよね。ですが、自分のサイトを更新したりyoutubeを見たりなどのために父のパソコンを立ち上げるのは面倒。そこで思いついたのは「母が使っていた古いパソコンを復活させる」ことです。

その前に復活させるパソコンのスペックを見ておきましょう。

富士通 FMV-C6200のスペック>

<CPU>intel celeronM   (1.3GHZ)

<メモリ>256MB

<HDD>約40GB

<OS>microsoft WindowsXP(現在は消去)

光学ドライブ>CD・DVDコンボドライブ(CDは読み書き対応、DVDは読み込みのみ)

<その他ドライブ>3.5インチフロッピーディスクドライブ

典型的なXP初期のパソコンですね。今回はこのパソコンにpuppylinuxをインストールしていきます。

1・isoデータのダウンロード

sakurapup.browserloadofcoolness.com • トピック - Precise-571JP released

上記のサイトからisoデータをダウンロードします。わずか150MB程度ですのでそんなに時間はかかりませんでした。

2・インストールディスクの作成

先ほどダウンロードしたデータをCDやDVDに書き込みます。windowsでしたら「windows ディスクイメージ書き込みツール」というソフトが内蔵されていますので簡単に書き込みができます。

3・パソコンの起動

ディスクが出来ましたら、いよいよpuppylinuxを使いたいパソコンディスクをに入れます。すでにOSがダウンロードされている場合など、そのままでは起動しない場合がありますからそんな時はF12キーなどを押してBIOSを起動させ、ブート設定を変更して下さい。

~実際に使ってみる~

起動してみるとXPよりも軽く、無料のOSとは思えないOSでした。ですが、linuxというのがね・・。ずっとwindowsを使っていましたから。これから慣れていきましょう。また、一部クリックをしても反応しないアイコンがありますが、例えばワープロならワープロソフトを「puppyパッケージマネージャ」からインストールして「セットアップ」にある「Defaults-chooser 既定のアプリ」からリンクさせれば使えるようになりました。

~インターネットを使ってみよう~

f:id:makochan1975:20160520162313j:plain

このバージョンにはウェブブラウザとしてOperaが付属しています。ウェブページを読み込む速度を実際に計ってみました。

・エブリーネットトップページ・・3分1秒

はてなブログトップページ・・36秒

・哲学ニューストップページ・・1分2秒

wikipedia(「カリーノ」の項目)・・28秒

youtube(「寿屋愛唱歌」の動画)(音が出るまで)・・22秒

意外と動画は速かったですが、やっぱり遅いですね。それにしてもこのブログ遅すぎ!

記事編集ページに1分もかからなかったのに。でもこのパソコンで記事が書けそうですね。今回の記事は父のパソコンで書いていますが。

 

f:id:makochan1975:20160520162316j:plain

結局こんな感じになりました。壁紙はビットワールドの視聴者プレゼントでダウンロードしたものです。

今回はインストールと簡単な使用だけでしたが、いつかはメモリ増設なんかもやっていけたらいいなと思っています。皆さんも、使っていない古いパソコンにpuppylinuxをインストールしてみてはいかがでしょうか。それではまた!